Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Faculty / Researchers
Yutaka Matsuo

特任准教授

Kotaro Nakayama

特任講師

Shohei Oshawa

特任助教

Yusuke Iwasawa

特任助教

Masahiro Suzuki

特任研究員

Abdul Rahman H. A.G.

特任研究員

Edison Marrese Taylor

特任研究員

Ai Nakajima

特任研究員

Haruka Murakami

特任研究員

Staff
Satoshi Tazoe

学術支援専門職員

Yuya Soneoka

リサーチエンジニア

Kunihiro Miyazaki

リサーチエンジニア

Gustavo Bezerra

リサーチエンジニア

Kazuya Tanaka

リサーチエンジニア

Alfredo Solano Martinez

エンジニア

Michael Bawiec

エンジニア

Shun Kurosaki

学術支援職員

Shinji Suzuki

学術支援専門職員

Yu Sasaki

学術支援職員

Tetsuo Shiihashi

学術支援専門職員

Ryoichi Taga

学術支援職員

Nisei Kimura

リサーチエンジニア

Ryo Okada

リサーチエンジニア

Toyoko Nagamoto

秘書

Miwako Abe

秘書

Shoko Narushima

秘書

Collaborative Researchers
Kimihide Okino

アドバイザー

Yusuke Sugomori
Masayuki Sekine

学術支援専門職員

Keiichi Ochiai

協力研究員

Shuhei Iitsuka

博士

Yoshihumi Seki

客員研究員

Yutaka Matsuo

プロフィール

1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業
2002年 同大学院博士課程修了.博士(工学).同年より,産業技術総合研究所研究員
2005年10月よりスタンフォード大学客員研究員
2007年10月より,東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻 准教授
2014年より、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 グルーバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授。
2002年 人工知能学会論文賞、2007年 情報処理学会 長尾真記念特別賞受賞。
2012年〜14年、人工知能学会編集委員長を経て、現在は倫理委員長。
専門は,人工知能、Webマイニング,ビッグデータ分析、ディープラーニング。
http://ymatsuo.com/japanese/

研究内容

人工知能とウェブ、ビジネスモデルに関する研究を行っています。 ソーシャルメディアのデータ分析や知の構造化、ウェブが社会や経済にどういう影響を与えるかといったテーマを研究しています。

Kotaro Nakayama

プロフィール
2000年 10月 (株)関西総合情報研究所 代表取締役社長 就任
2002年 4月 同志社女子大学 非常勤講師 就任
2007年 3月 大阪大学大学院情報科学研究科 博士号取得
2007年 4月 大阪大学大学院情報科学研究科 特任研究員 就任
2008年 4月 東京大学 知の構造化センター特任助教 就任
2012年 4月 東京大学 知の構造化センター特任講師 就任
2014年12月 東京大学 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任講師 就任
研究内容

人工知能、Webマイニング、大規模データ解析、Deep Learning
http://knakayama.com/

Satoshi Tazoe

プロフィール
2010年:東京工業大学大学院情報理工学研究科修了
2010-2012年:ボストンコンサルティンググループ
2012-2014年:株式会社じげん経営企画グループ
2014-2016年:YCP Holdings Ltd. (東京/シンガポール)
2016年:現職

Shohei Oshawa

プロフィール
2007 年 未踏ソフトウェア創造事業 スーパークリエーター認定
2007 年 株式会社 Curio 取締役 CTO
2008 年 福島工業高等専門学校 電気工学科 卒業
2010 年 筑波大学 第三学群 情報学類 卒業
2012 年 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士前期課程 修了
2015 年 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 博士課程修了 (テーマ『ウェブの情報統合に基づく人物属性の推定の方法論に関する研究』。学振DC2)
同年   日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 研究員 CREST メンバー
2017 年 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任助教

 

主な受賞歴:
文部科学大臣奨励賞(2回)、国際学会 iiWAS’10 Best Paper Award、社長賞(IBM)
研究内容

深層強化学習(ディープラーニング技術)とウェブマイニングの研究を行っています。

Yusuke Iwasawa

プロフィール
2012年 上智大学理工学研究科情報学領域を卒業
2014年 上智大学理工学研究科理工学専攻情報学領域を修了
2017年 東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻博士後期課程を修了(学術振興会特別研究員DC1)
2017年より、東京大学松尾研究室 特任研究員
研究内容

機械学習/深層学習のIoTへの応用(現在、特にプライバシー、耐故障性、消費電力などを考慮した深層学習モデル)
ウェアラブルセンサによる行動認識のための表現学習(博士)
車いすセンシングを利用した路面アクセシビリティ情報の自動収集システム(修士)

Yuya Soneoka

プロフィール
2013年:東京大学工学部システム創成学科 卒業
2014年:IPA 未踏プロジェクト採択
2014年:クロードテック株式会社 創業
2017年:東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 修士課程修了
2017年:現職
研究内容
Deep Learningを用いた需要予測・系列予測、自然言語処理

Kunihiro Miyazaki

プロフィール
2013年 東京大学工学部システム創成学科卒業
2015年 東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻 修士課程修了
2016年 モルガン・スタンレーMUFG証券入社
研究内容

金融分野における機械学習の応用

Masahiro Suzuki

プロフィール
2015年 北海道大学大学院 情報科学研究科 修了
研究内容

転移学習やDeep learningの研究をしています。

Abdul Rahman H. A.G.

プロフィール
Received his MSc in Artificial Intelligence and his PhD in System Design Engineering at the University of Fukui, Japan, in 2011 and 2014, respectively.
Since 2015, he joined a research project at the Petroleum Institute (PI), Abu Dhabi, U.A.E. He conducted a research in classification of seismic reflection imaging using complex-valued deep neural network.
From 2016, he worked as R&D Engineer at Universal Robot Co., Tokyo, Japan. His research target was to improve the state-of-the-art spoof detection of human palm ID.
By 2017, Dr. Abdul Rahman H. A.G. published in 4 international journals, and presented in more than 13 international conferences.
LinkedIn : www.linkedin.com/in/hafiz-abdulrahman
ResearchGate : https://www.researchgate.net/profile/Abdul_Rahman_Abdul_Ghani2
研究内容

– Real-time Image Processing and Recognition
– Subsumption Robotic Deep Controllers
– Interactive Vision System
– 3D Object Recognition
– Complex-valued Neural Networks
– Brain and Cortical Mechanisms
Now, I am using deep reinforcement learning for robotic vision and attention system.

Edison Marrese Taylor

プロフィール
I got my Engineering (Master’s equivalent) and Bachelor degrees at The University of Chile, 2011 and 2013 respectively. The research topic of my Master’s Thesis was Product Review Mining applied to tourism. Currently, I’m a Mombusho Scholar in Matsuo-ken on the first year of Ph.D.
研究内容
My research topic is Opinion Mining applied to video product reviews, exploring the usage of Youtube videos, including their users’ comments and closed captions as sources of opinionated data. Other areas of interest are also main issues in NLP.

Ai Nakajima

プロフィール
An Interaction designer and researcher in the field of HCI(Human Computer Interaction). Graduated from Kyushu University with a master’s degree in design strategy with a focus in interaction design and is now pursuing a Ph.D. Studied in the University of Applied Sciences Darmstadt Faculty of design (Hochschule Darmstadt) as an exchange student. Graduated from Tokyo Gakugei University with a bachelor’s degree in fine arts. Professional experience as an application developer, researcher at Kyushu University and The University of Tokyo, assistant professor at The University of Tsukuba.
研究内容

Research topics include co-creation, educational engineering, gamification.
Currently focusing on adaptive learning system which auto-generates a quiz by utilizing online open content.

Haruka Murakami

プロフィール
2011年 東京理科大学 基礎工学部電子応用工学科 卒業 学士(工学)
2013年 東京大学大学院 学際情報学府学際情報学専攻総合分析情報学コース 修了 修士(学際情報学)
2017年 東京大学大学院 医学系研究科生体物理医学専攻 博士課程修了 博士(医学)
専攻科目:電気電子、医学、認知科学、情報工学
研究内容

適時開示情報を元にした自動記事生成アルゴリズムの開発とその応用

Gustavo Bezerra

プロフィール
2014年に松尾研究室で修士課程を修了後、外資系証券会社を経て、2016年より現職。
研究内容

証券・法定通貨・暗号通貨等の自動売買システム構築およびトレーディングストラテジーの研究・開発
LinkedIn profile: https://www.linkedin.com/in/gustavo-bezerra-18a1b787

Kazuya Tanaka

プロフィール
工学系にて修士を取得後、外資系金融機関にてテクノロジー分野を担当。退職後、博士課程及び研究員などを経て現職。

Alfredo Solano Martinez

プロフィール
Studied at the ICAI School of Engineering of the Comillas Pontifical University in Madrid. Worked for several private companies (Evolink Ingenieria y Sistemas, Quality Objects) and a public research insitute (Spanish National Center for Biotechnology) before joining Tokyo University.

Michael Bawiec

プロフィール
Studied Computer Science at Metropolitan State University of Denver, Colorado.
Worked at private software companies in Japan and US before joining Tokyo University i.school and weblab departments as a software developer.

Shun Kurosaki

プロフィール
2015年 上智大学経済学部経営学科卒業
2015年 株式会社SMS入社 介護経営支援事業部配属/WEBマーケ担当
2016年 SMS メディア企画部にて、WEBマーケ担当
2017年 SMS 事業開発部にて、事業責任者を務める
2018年 物流領域 x データの領域で起業
研究内容

新規事業が成り立つまでの過程

Shinji Suzuki

Yu Sasaki

Tetsuo Shiihashi

プロフィール
2006年 米国テキサス州立テキサス大学 理学部 物理学/数学専攻 卒業
2007-2014年 ボストン コンサルティング グループ
2014年 東京大学 東京大学大学院 工学系研究科 消費インテリジェンス寄付講座 ディレクター
研究内容

グローバル消費インテリジェンス寄附講座の運営コーディ ネート、及び企業との連携促進を担う。

Ryoichi Taga

プロフィール
動画配信業界、ゲーム業界、Fintech業界で、サーバー整備・システム基盤管理をやってきた、ネットワーク整備、クラウドシステム管理、セキュリティ基盤整備のスペシャリスト。
松尾研究室では、ネットワーク整備やシステム管理を通し、研究のスピードと質を高める基盤作りをお手伝いしています。

Nisei Kimura

 

プロフィール
Studied multimedia in Yokohama National University.
In charge of web development (both front-end and server-side), product management and statistical analysis before joining the lab.
研究内容

– Medical image processing using deep convolutional neural networks with attention

 

Ryo Okada

 

プロフィール
2011年 東京理科大学理工学部経営工学科卒業
2011-2018年 日本ヒューレット・パッカード(2017年よりDXC Technologyに分社)
2018年 現職
研究内容

– Image Recognition
– Anomaly Detection

 

Toyoko Nagamoto

プロフィール
松尾研のバックオフィス業務をしています。

Miwako Abe

プロフィール
松尾研の秘書業務を担当しています。

Shoko Narushima

Kimihide Okino

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

 

Yusuke Sugomori

プロフィール
2011年 東京大学工学部システム創成学科 卒業。東京大学工学部システム創成学科長賞 受賞。
2013年 同大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 修士課程 修了
2013年 株式会社 電通入社
機械学習やウェブ開発・デザインをやっています。
研究内容
ポートフォリオ理論を利用したソーシャルネットワーク分析(修士論文) 機械学習を用いた株価予測精度の検証(卒業論文)

Masayuki Sekine

プロフィール
1990年:東京大学理学部情報科学科卒業
1999年:スタンフォード大学ビジネススクール修了(MBA)
1990-1999年:長銀総合研究所
1999-2011年:ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン
2011-現在:ボストンコンサルティンググループ
2016-現在:東京大学工学部松尾研究室 学術支援専門職員
研究内容

企業との共同研究のマネジメント(囲碁、金融、他)、人工知能が社会/企業経営に与える影響、等

Keiichi Ochiai

プロフィール

2006年3月 千葉大学工学部情報画像工学科卒業 学士(工学)
2008年3月 千葉大学大学院自然科学研究科知能情報工学専攻修了 修士(工学)
2008年4月 株式会社NTTドコモ入社
2017年9月 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻博士課程修了 博士(工学)

情報処理学会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会運営委員
ICMU 2017, 2018 Publication Chair http://www.icmu.org/icmu2017/

http://keiichiochiai.com/

研究内容

・ソーシャルメディアをはじめとしたウェブデータやスマートフォンなどのセンサーやログによる実世界の観測(センシング)と機械学習/深層学習による分析、行動支援に関する研究
・位置に紐づいたソーシャルメディアのデータ解析 Twitterにおける地名曖昧性解消(言及位置推定)、POI(Point-of-Interest)公式アカウント判定、イベント抽出、Twitter時空間検索、位置情報サービスのユーザ行動分析、POI推薦など

Shuhei Iitsuka

プロフィール
2012年 東京大学工学部システム創成学科知能社会システムコース 卒業
2014年 同大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻修士課程 修了
2014年 Google Japan 入社
研究内容

機械学習を用いたサービス改善.ウェブサイト最適化,A/B テスト.

Yoshihumi Seki

プロフィール
2011年3月 東京大学工学部システム創成学科卒業
2012年11月 株式会社Gunosyを創業(共同創業者). 現在は研究開発担当を務める.
2017年3月 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻博士課程修了.博士(工学)
2017年4月より東京大学客員研究員
研究内容

ウェブサービスのユーザ行動について研究しています。
特に推薦システム、ニュースに関心があります。