日本経済新聞社との共同研究で, 上場企業が定期的に発行する決算短信から速報記事を自動で生成するアルゴリズムを研究・開発しています. 論文執筆にも力を入れており, そのうちの1つは自然言語処理におけるトップ会議の1つであるEMNLP2017にlong paperとして採択されました.

  • M. Isonuma, T. Fujino, J. Mori, Y. Matsuo and I. Sakata, “Extractive Summarization Using Multi-Task Learning with Document Classification”, EMNLP2017, 2017.9