Job: Webマスター

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

人工知能は近年大変注目されており、企業との共同研究プロジェクトや各種講座の受講生も年々数を増しています。
当研究室のメンバーは現在30名を超え、大学の研究室の中では規模も大きくなってきました。
そこで、研究室の運営を支えてくださる方にジョインしていただきたく、今回は研究室が運営するWEBサイトの制作・運営・改善をお任せするWEBマスターを募集いたします。

大企業・スタートアップ・アカデミアと関わるユニークな組織に興味のある方!という方は、ぜひエントリーください。

Our paper for Asian CHI Symposium was accepted.

Our paper for Asian CHI Symposium was accepted. 【Information】 Keiichi Ochiai, Yusuke Fukazawa, Wataru Yamada, Hiroyuki Manabe, Yutaka Matsuo: “Pokémon Go Influences Where You Go: Analyzing the Effects of Location-based Services for Location Prediction.” Asian CHI Symposium: Emerging HCI Research Collection in ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI) 2018. Montréal, Canada. 【Overview】…

関 喜史君が言語処理学会第24回年次大会で論文賞を受賞しました。

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 関 喜史君が言語処理学会第24回年次大会で論文賞を受賞しました。 【書誌情報】 関 喜史, 福島 良典, 吉田 宏司, 松尾 豊: 多様性の導入による推薦システムにおけるユーザ体験向上の試み, 言語処理学会論文誌, Vol. 24, No. 1, pp. 95-115 (2016) 【概要】 ニュース推薦システムに多様性を導入した際のユーザ行動の変化を分析したものになります。…

Startups

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 松尾研究室の重要なミッションの一つは,ベンチャー起業を排出し、新技術を社会に還元することで、新しい産業のエコシステムを作り上げることです。学生・教員・スタッフ問わず、起業することを推奨・支援しており、過去には,研究室の教員・スタッフや学生達が起業に関わったベンチャー企業がいくつも社会に排出されています。

Our work, the Japanese translation of “Deep Learning” written by Goodfellow will be published on 28th February.

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

松尾研が主体となって翻訳したGoodfellow氏の「DeepLearning」の日本語版が2/28に出版されることが決定しました。

DeepLearningの教科書的な本です。

詳細はこちら

 

Our research was accepted for CHI2018 Demonstrations Track.

Our research was accepted for CHI2018 Demonstrations Track. Nishanth Koganti, Abdul R. A. Ghani, Yusuke Iwasawa, Kotaro Nakayama, Yutaka Matsuo: “Virtual Reality as a User-friendly Interface for Learning from Demonstrations.” Demonstrations Track, Conference on Human Factors in Computing Systems, (CHI). Montreal, Canada, April 21-26, 2018. See details: Virtual Reality as a User-friendly Interface for Learning from…