VR(Virtual Reality)技術を活用したインタラクティブなインターフェイスを開発し、深層学習を用いたvisual attention modelの模倣学習(Imitation Learning)におけるサンプル効率と実環境への適用可能性を高める研究です。

本研究はCHI2018のDemonstrations Trackに採択されました。

Nishanth Koganti, Abdul R. A. Ghani, Yusuke Iwasawa, Kotaro Nakayama, Yutaka Matsuo: “Virtual Reality as a User-friendly Interface for Learning from Demonstrations.” Demonstrations Track, Conference on Human Factors in Computing Systems, (CHI). Montreal, Canada, April 21-26, 2018.