Web & Business


Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ウェブの世界には、新しいサービスが次々と生まれています。情報の流れに関する制約がなくなり、新しい情報の流れから新しい価値が生まれています。本研究室では、2000年頃からウェブを研究対象として扱い、Webマイニングやソーシャルメディア分析に関する研究を進めてきました。また、その研究成果を積極的にウェブサービスや実証システムという形で公開してきました。

Research Topics

ソーシャルメディアの分析

ソーシャルメディアの分析においては、世界でもトップクラスの研究グループです。右の図は、Twitterだけから地震(あるいは現実世界のイベント)の発生を検知する技術を世界で初めて示したもので、この論文はこれまでに1500件以上の引用を得ています。ウェブ国際会議(WWW Conference)においては、2014年には当研究室松尾准教授がウェブマイニングトラックのチェアを務めました。また、選挙や市場の予測や分析などの研究も継続的に行っています。
twitter_earthquake

消費インテリジェンスの抽出

ウエブサイトのユーザー行動履歴を分析することで、これまで見えなかった現状を把握することができます。ニコニコ動画、ゼクシイnet、受験サプリなどの大規模なデータを分析することで、定性的な議論になりがちな、消費者ニーズの特定、消費のメカニズムの解明を目指した研究を行っています。
consumer_intelligence

ウェブサイト最適化

ユーザとの相互作用を通して、より魅力的なウェブサイトに進化する機械学習システムの研究をしています。中小規模サイトでも適用可能なウェブサイト最適化手法や A/B テストのための自動バリエーション生成などに取り組んできました。

  • Shuhei Iitsuka and Yutaka Matsuo. “Website Optimization Problem and Its Solutions.” In Proceedings of the 21th ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining, pp.447-456. ACM, 2015.
  • 飯塚 修平, 松尾 豊. ウェブページ最適化問題の定式化と最適化手法の提案. 人工知能学会論文誌 Vol.29 No.5 p.460-468. 2014.
spysee

スタートアップの転職ネットワーク

企業間の人材移動に関する大量のデータを解析しています。西海岸のエース人材のスタートアップヘの人材移動が、企業成長の先行指標であることを示しました。
startup_network

Services

あの人検索 スパイシー

あの人検索スパイシーは、ひとのつながりとプロフィールを知ることができる人物検索サービスです。ウェブ上のデータを集めてネットワーク分析を行い、情報を抽出しています。すべてのひとの魅力を伝えたいという理念のもとサービスを構築しています。詳しくはこちら
spysee

READYFOR?

ReadyFor? は日本最大のクラウドファンディングサイトです。社会性の高い活動、クリエイティブな活動を支援するための資金をウェブを通して募ることができるプラットフォームです。誰もがやりたいことを実行できる、そんな世界を目指しています。詳しくはこちら
readyfor

Gunosy

本研究室に所属していた修士1年(当時)が立ち上げたウェブページをユーザに推薦するシステムです。 法人化を果たし,現在100万人以上のユーザに毎日ウェブページを推薦しています。サービスを使ったユーザの行動分析を行い実データによる推薦システム評価の研究を行っています。詳しくはこちら
gunosy

Related Activities

グローバル消費インテリジェンス 寄附講座の運営

企業の購買データや、ウェブサイトのログデータをもとに、顧客の嗜好を分析し、商品の特徴を把握したり、顧客の購買パターンを見つけるなどの研究を行っています。
多くの企業と共同研究を行った実績があります。最終的には、レコメンドシステムにつなげたり、営業のためのツールとして活用されることもあります。
– 東京大学グローバル消費インテリジェンス寄附講座

gci

共同研究を通じた解析技術の社会実装

大規模オンライン講座「スタディサプリ」の、数十万人以上の生徒の勉強データ(講義動画の視聴や演習問題の解答等)を分析し、生徒一人ひとりに合った苦手克服や合格に向けた学習プランを提示できるAI家庭教師を研究開発しております。一部の学校で実証実験が開始しました。
– Collaborative Research

joint